検査科

検体検査部門生理検査部門超音波検査部門細菌検査部門病理検査部門



細菌検査部門

感染症が疑われる患者様の検査材料(喀痰、尿、血液、膿、便など)を用いて、病原菌を特定し、その菌に有効な薬剤(抗生物質)を調べます。


検査の流れ


①塗抹検査

検査材料をガラス板に広げ、染色(グラム染色)し顕微鏡×1000倍で菌の種類(グラム陽性菌、陰性菌、球菌、桿菌、真菌)などを観察し、大まかな分類を行います。 *抗酸菌は(チールネルゼン染色)


②培養、同定検査

検査材料の種類や目的菌より培地、培養条件(目的菌の発育しやすい環境下で18~48時間)培養します。発育した菌の性状等を調べ病原菌名を確定します。


③薬剤感受性検査

②で感染症の原因菌が発育した場合、自動感受性判定機器を用いて測定し、菌に有効とおもわれる薬剤(抗生物質)を判定します。


◆上記以外の役割

感染対策委員の一員として院内での病原菌の出現状況の把握、院内感染の原因となりうる多剤耐性菌(MRSA,MBL,MDRP等)の検出と確認試験を実施し、集団感染をおこさないよう監視し、院内に迅速かつ的確な情報を報告するように努めています。


検体検査部門生理検査部門超音波検査部門細菌検査部門病理検査部門