薬剤部

鈴鹿 隆晃 薬局長より薬剤部のPROFILE1日のスケジュール各種業務薬剤部内担当業務院内各種チーム医療・委員会活動僻地離島研修徳洲会グループ交流薬剤部への見学・就職希望の問い合わせ


各種業務

野崎徳洲会病院 薬剤部では、調剤業務以外に薬剤部内の担当業務や院内の各種委員会活動、徳洲会グループ薬剤部の研究会参加など、様々な業務を担当制で行っています。


薬剤部内担当業務


入院薬剤管理指導業務

新入院患者初回面談

入院時に患者から持ち込み薬がないか、副作用歴はないか等を聴取し、また薬剤師の役割を説明する目的で新入院患者に対し初回面談を毎日行っている。


定期指導

患者に適切な薬物療法が提供されているか、また、患者の服薬状況はどうかなどの確認を行うために、各病棟担当者が定期的に薬剤管理指導を実施している。


臨時薬服薬指導

随時に処方された薬剤について、その都度患者に薬効を理解し、正しく服用してもらうために勤務上で臨時配薬担当者が、全病棟に配薬および服薬指導を行っている。


退院時服薬指導

退院薬がある患者すべてに、薬剤情報提供用紙を作成し、退院時に持って帰る薬剤の薬品名、薬効、用法・用量や副作用・アレルギー歴等を文書で提供し服薬指導を行っている。


その他

・プレアボイド事例の収集:日本病院薬剤師会へプレアボイド報告を毎月提出している。
・疾患別薬剤管理指導マニュアル、疾患別簡易標準ケア計画の作成
・C型慢性肝炎のIFN療法患者指導マニュアル
・DM患者指導マニュアル
・TDMマニュアル
・症例検討会の実施:月に1回、病棟担当者がPOSを用いた症例の発表を行い、当院独自のオーディットチェック表を用いて症例検討会を実施している。また、症例を提示して、各自が薬学診断と初期計画を立案し検討会にてオーディットを行う場合もある。


医薬品情報(DI)業務

医局への情報提供

当院では、各製薬会社のMRと医師が直接会うことはありません。製薬会社からの医薬品情報は、全て薬剤部に提供されるようシステム化しているため、当院では、新薬を含めた医薬品の情報は、薬剤部から医師へ発信しています。そのため、医局へスピーディーに適切な情報を流すため、様々な工夫をして業務を行っています。
①医局向け情報誌を随時発行
②当院採用品目について『医薬品集』を作成(電子媒体にて随時更新)


患者への情報提供

①患者向けパンフレット等の収集(メーカーから)および作成
②外来患者に対して薬剤情報提供書を添付
③薬局通信を毎月発行


DI室の管理

書籍類、パンフレット、インタビューフォーム、勉強会資料、薬局情報、などの整理と保管


副作用情報の収集

副作用情報を収集し、統計、分析を行いデータを蓄積することにより未知の副作用の発見と副作用を未然に防ぐことに役立てている。毎月、医師へ副作用報告をフィードバックしている。


DI実例収集・報告

情報を共有化し、より役立てる為に個人が得た情報を収集し保管をおこなっている。


薬品管理業務

医薬品の採用登録、発注・検収、病棟ストック薬の管理、棚卸業務など、院内の医薬品の流れをコンピュータで管理しています。


学会発表

クリニカルファーマシーシンポジウム

第6回  「在宅医療における薬剤師の活動状況」
第8回  「薬剤管理指導におけるPOSの効率的導入」


日本病院薬剤師会近畿学術大会

第17回  「院内手指消毒剤の比較検討」
第18回  「薬剤情報提供の現状報告」
第19回  「外来透析患者に対する服薬指導の実際」
第20回  「吸入薬の服薬指導とその評価について」
第21回  「在宅薬剤管理指導に対する患者の意識調査」
第22回  「副作用の早期発見を目標とした薬剤適正使用への取り組み」
第23回  「薬剤師による処方参画の実際」
第24回  「患者調査によるフルタイドディスカスの使用評価」
第25回  「後発医薬品の評価における薬剤師の役割」
第26回  「採用薬剤の全面切り替え時における薬剤師の関わり
〜αグルコシダーゼ阻害薬をグルコバイ8からベイスン8に切り替えた事例〜」
第30回 「当院の喘息治療に対するアドヒアランスの実態調査」
第32回 「SMBGの穿刺器具切替えにおける使用感調査」


日本病院薬学会年会

第8回  「糖尿病チーム医療における薬剤師の役割」
第10回  「オーディットチェック表を用いたPOS症例検討の有用性」


日本薬剤師会学術大会

「POSを効率よく利用した薬剤管理指導」


医療薬学フォーラム

2001年  「プレアボイドの収集を含めた医師への能動的薬剤情報提供」
2002年  「介護保険制度導入後の在宅薬剤管理指導の評価」
2003年  「後発医薬品の評価に対する薬剤師の関わり(1)-内服用-」
2004年  「ロサルタンからバルサルタンへの切り替え後の薬物治療評価」
2005年  「アルツハイマー型痴呆患者の薬物治療評価(MUE)に対する薬剤師の介入」
2007年  「COPD患者のQOL向上を目指した薬剤師の取り組み」
2009年  「がん患者へのrHuEPO投与における安全性に対する薬剤師の介入」
2009年  「当院外来透析患者におけるリン・カルシウムコントロールに対する取り組み」


日本医療薬学会年会

第11回  「高脂血症治療薬の適正使用への取り組み」
第12回  「薬学診断の導入による薬剤管理指導業務の評価」
第13回  「アルツハイマー型痴呆患者における塩酸ドネペジルの薬物治療評価」
第14回  「短時間型作用性吸入β2刺激薬の適正使用における薬剤師の取り組み」
第15回  「インスリン注入器切り替え時の患者評価と薬剤師の関わり」
第16回  「薬剤管理指導業務におけるプレアボイド収集活動」
第17回  「薬剤師が実施する入院時患者面談の総合的リスク回避効果について」
第18回  「入院患者における睡眠薬適正使用への薬剤師の関与」
第19回  「喘息コントロール不良患者への薬剤師の取り組み」
第20回  「冠動脈疾患の発症および再発予防におけるLDL/HDL比の重要性」
第21回  「パニツマブの皮膚障害に対する薬剤師の関わり」
第21回  「東北大震災の徳洲会医療救援隊における薬剤師の活動報告」
第21回  「当院におけるNSTスクリーニングの検討:第2報」
第22回  「CKD-MBDへの薬剤師の関わり」
第23回  「腎不全患者に対するDPP-4阻害薬の適正使用」


日本薬学会

第123年会「腎性貧血に対するエリスロポエチン製剤の薬物治療評価」
第133年会「糖含有食品の皮膚接触によるSMBGへの影響」


日本POS医療薬学会

第25回  「薬剤管理指導業務へのPOS導入に関する意識調査」
第26回  「POSを用いた薬剤管理指導業務〜臨床薬学診断の導入」
第27回  「POSを用いた薬剤管理指導業務の実際〜医師の処方行動への影響」
第28回  「薬剤師による入院時面談におけるPOSの利用」
第30回  「電子カルテ導入に伴う薬剤管理指導記録に関する検討」


日本腎と薬剤研究会学術大会

第2回  「外来透析薬剤管理指導での医師への情報提供」
第3回  「当院外来透析患者におけるリン・カルシウムコントロールに対する取り組み」


大阪透析研究会

第51回  「外来透析患者に対する服薬指導の実際」


日本透析医学会学術集会総会

第49回  「透析患者における薬剤管理指導の取り組み」


河内救急医療懇話会

第2回-第11回 「徳洲会グループにおける急性中毒症例収集の結果報告 第1報」


日本褥瘡学会

第8回  「踵部褥瘡へのカデックス軟膏の使用症例」


日本静脈経腸栄養学会

第3回  「踵部褥瘡へのカデックス軟膏の使用症例」

その他、今年度の学会でも発表予定。


認定薬剤師制度への取り組み

各種認定薬剤師等資格取得に対しても、サポート体制が整っています。
・糖尿病療養指導士(1)
・がん薬物療法認定薬剤師(1)
・日本医療薬学会認定薬剤師(2)
・日病薬認定指導薬剤師(2)
・認定実務実習指導薬剤師(3)
・感染制御認定薬剤師(1)
・日病薬生涯研修認定薬剤師(2)
・認定ゲノムメディカルコーディネーター(2)等


長期実務実習の受け入れ

薬学部6年制にともなう2.5ヶ月におよぶ長期実務実習の受け入れを実施しています。3期制で年間9名受け入れています。


治験業務

現在実施中の治験は5プロトコールあり、薬剤師1名・検査技師2名・看護師1名が治験コーディネータ(CRC)として活躍している。(薬剤師は、治験治験センター長として中心的役割を担っている)