薬剤部

鈴鹿 隆晃 薬局長より薬剤部のPROFILE1日のスケジュール各種業務薬剤部内担当業務院内各種チーム医療・委員会活動僻地離島研修徳洲会グループ交流薬剤部への見学・就職希望の問い合わせ


院内各種チーム医療・委員会活動


感染対策委員会(ICT回診等)

委員会のメンバーは医師、看護師、薬剤師、栄養士、放射線技師、臨床検査技師、作業療法士、言語療法士などの全部署から構成されており、月に1回委員会を開催している。そこで、感染の発生に対する対応や感染予防対策マニュアルの整備・徹底など話し合っている。
また、週に1回抗生剤が投与されている、あるいは、培養検査により菌が検出された入院患者全員を対象にICT回診を実施し、感染状況や抗生剤の評価を行っている。


褥瘡対策委員会(褥瘡回診等)

委員会のメンバーは医師、看護師、薬剤師、栄養士、医事課クラークより構成され、2ヶ月に1回委員会を開催している。また、週に1回褥瘡のできている入院患者を対象に、褥瘡回診を行っており、そこで薬剤師は褥瘡の状態や栄養状態、治療薬の評価を行い、適切な褥瘡治療と低栄養状態にある患者様に必要な栄養療法を検討している。
 この他に、2ヶ月に1回褥瘡対策勉強会を実施、そこで診療計画書の作成基準についてマニュアルの作成や、治療マニュアルの作成、褥瘡患者数の集計(院内発生、持ち込み)等を行っている。


糖尿病チーム医療推進委員会(DM教室等)

委員会のメンバーは医師、看護師、薬剤師、栄養士、検査技師、理学療法士より構成され、月に1回委員会を実施している。活動内容としては、教育入院患者の教育や月1回の糖尿病教室の開催、年1回の糖尿病患者交流会や糖尿病ハイキング、2ヶ月に1回の医療講演を実施し、患者教育に努めている。


栄養管理委員会(NST回診)

委員会のメンバーは医師、看護師、薬剤師、栄養士等により構成され、1ヶ月に1回委員会を開催している。また、毎週入院患者を対象に、NST回診を行い、そこで薬剤師は栄養状態や治療薬の評価を行い、チーム医療として患者様に必要な栄養療法を検討している。


"医療安全管理委員会・リスクマネージメント部会

医療安全管理の観点から、医療安全管理マニュアルの作成、院内における医療事故のリスクファクターのスクリーニング、および院内の医療事故事例や全国の医療訴訟事例の情報収集・検討を行っている。


輸血療法委員会

委員会のメンバーは医師、看護師、薬剤師、検査技師より構成され、3ヶ月に1回委員会を開催している。医局、看護師、検査、薬局が協力し、血液製剤に関する勉強会や保存・使用法などに関する指導を行い、院内で血液製剤が適正使用および管理されるように情報提供、啓蒙に努める。