薬剤部

当院では、薬剤師が病棟業務でチーム医療に参画している他に、糖尿病教室、緩和ケアチーム、ICT(感染症コントロールチーム)、NST(栄養サポートチーム)、オンコロジーチームなど様々な活動をしています。それぞれのチームに所属する薬剤師は専門性を持ち、他部署のスタッフと共に職種による長所を活かしながら、患者様のために日々奮闘していきます。

私たち薬剤師は、「日々この症例にはこの用量でいいのか?」「この患者様にはこっちのアプローチの方がいいんじゃないか?」と沢山のことに頭を悩ませています。そんなときに助けてくれるのが、頼もしく、優しい先輩たちです。的確なアドバイスや教育で私たちは一回りも二回りも成長できます。新たな知識を得て成長することで、別の症例や、新しい後輩の育成に活かせるのです。

野崎徳洲会病院の薬剤部は、全スタッフが調剤業務だけでなく、全ての業務を行えるよう教育された上で各種業務にあたっています。カリキュラムに基づいた教育が行われるため、薬剤師として十分な知識と技術を身につけることができ、またそれが活かせる環境です。

当院には、病院附属の研究所があります。現在そちらで日々研究に取り組みながら薬剤部で業務をしている薬剤師が2名います。普段薬剤部にいる薬剤師とは違った視点で仕事を行っており、研究者としてのアカデミックな意見を聞くことができるのも当院の大きな魅力の一つといえます。