薬剤部

調剤業務は主に外来・入院患者様の内服薬を調剤しています。

薬剤師は発行された処方箋と検査値を基に、用法・用量が適切か、薬剤間の相互作用がないかなどを確認し、正確な調剤を行うよう心がけています。

また、個々の患者様の状態に合わせて薬を提供できるように、錠剤の粉砕や、簡易懸濁の作成を行っています。

さらに、すべての薬を調剤者と異なる薬剤師が鑑査を行うことで、過誤防止に努めています。

当院では2021年10月よりアンプルピッカー(注射薬自動払出装置)を導入しました。調剤時には、医師が入力した注射処方に基づき、患者様の検査値・疾患等を確認し、投与量・投与速度・投与経路・配合変化等に問題がないかをチェックしています。その際、医師に確認が必要な場合には必ず疑義紹介し、注射薬がより適切で安全に投与されるように努めています。

アンプルピッカーの導入で、業務の効率が上がり、点滴作成の正確性も高まりました。それによって、患者様へより安全な医療の提供に貢献できるようになったと感じています。

病院へ来る患者様の多くは、何かしらの疾病を抱えて入院されます。私たち薬剤師は、医師、看護師、メディカルスタッフと協力し、薬のエキスパートとして病棟における薬剤管理を担う役割です。医師の診断による治療方針を理解し、必要な薬剤の効果的な使用と安全を管理し、薬剤の適正使用を図ります。時には医師へのアドバイスを行い、医師からの質問に対しても、薬学的知識からEBMをふまえた回答が必要となります。医師への薬剤提案を行う病棟業務はとてもやりがいと責任のある仕事であり、チーム医療の一員であることを実感できる場所です。

当院では、各製薬会社の担当者と医師が直接会うことはありません。製薬会社からの医薬品情報は、すべて薬剤部から医師へ発信しています。医局へスピーディーに適切な情報を流すため、医局向けの医薬品情報案内を随時発行し、当院採用薬品目について「医薬品集」を作成しています。また医薬品に関する問い合わせにも随時対応しており、その内容は薬の鑑別やTDMの依頼対応、中毒関連の情報提供など様々です。

 医薬品の採用登録、発注・検収、病棟ストック薬の管理、棚卸業務など、院内の医薬品の流れをコンピュータで管理しています。

薬局内だけでなく、外来や病棟、オペ室などの医薬品も薬剤師が管理し、過不足なく安全に薬が使用できるようにしています。

当院の薬剤部では無菌室での抗がん剤調整と鑑査および服薬指導業務を行っています。処方は、調整日前日までに内容を確認しています。調整日当日は医師の投与許可が出た患者様の血液検査値を確認し、調整を行っています。服薬指導業務では、通院患者様の状態把握・不安解消などに努め、情報提供や医師への処方提案などを行っています。