健診センター

心臓ドック

 心臓ドックについて

全身の臓器に血液をおくるポンプが心臓です。肺で酸素を得た赤い血液を全身の臓器に一瞬たりとも休まず供給しています。心臓が止まった場合、全身への血液の供給がストップします。直ちに頭に血液がいかなくなるので意識をなくして倒れてしまいます。心臓は休むことができないのです。
日本における3大疾病のひとつである心臓病は年々増加傾向をたどり死因の第二位を占めるまでになりました。直接、患者様のいのちを脅かす心臓の病気は、何よりもまず早期発見と素早い対応が重要です。心臓の病気として命にかかわる可能性の高い心筋梗塞、その原因と考えらえている動脈硬化を早期に診断する、それが心臓CTです。
野崎徳洲会病院の心臓ドックでは最新の心臓CT検査を中心に心臓のチェックを詳しく行います。

2017年11月 空き状況カレンダー

<< 前月    今月    翌月 >>

10/30

10/31

11/1

11/2

11/3
文化の日

11/4

11/6

11/7

11/8

11/9

11/10

11/11

11/13

11/14

11/15

11/16

11/17

11/18

11/20

11/21  

11/22  

11/23
勤労感謝の日

11/24  
×

11/25  
×

11/27  
×

11/28  

11/29  

11/30  
×

12/1  
×

12/2  
×

◎空あり △要相談 ×空なし

WEBから申し込む

 心臓ドックで受診できるコース・料金

心臓ドック
¥36,000

 実施日

火・水

 お申込み

予約のお申し込みは、お電話(072-818-0035)又はホームページからご予約ください。

 当日

検査当日は、問診票・質問票など、ドック担当者から指示されたものをご持参下さい。
受付時間に遅れないようにお願いします。

 検査結果

約2週間後、結果報告書を郵送させて頂きます。

 検査内容

項目 内容
問診・診察 特に心臓について聞かせていただきます。
血液検査 心疾患に関係のある項目を中心に検査いたします。
胸部レントゲン 胸部X線写真から心臓の状況を捉えます。
ABI 足首と上腕の血圧を測定・比較することで血管狭窄の  検査をします。健常人の場合、足首血圧は上腕血圧より高いのが普通ですが、足の動脈が狭くなると、血流が悪くなり上腕の血圧より低くなり、ABIの値が低くなります。
マスターダブル負荷心電図 心臓の異常は安静にしているときより運動で負担をかけた時に出やすくなります。マスターダブル負荷心電図では二段の階段を一定時間昇り降りすることで心臓に負荷をかけて心電図検査をします。
心エコー 超音波を使って心臓の状態や動きを観察します。
心臓CT CT検査とは放射線による写真です。当院の64列CTは最新のCT検査で、常に動いている心臓の非常に小さな血管まで正確に診断することができます。

 オプションコース

オプションを追加で受診することもできます。

WEBから申し込む