婦人科

婦人科手術

【腟式手術】【腹腔鏡手術】
できるだけ身体に傷をつかない方法を選択して手術を行います

傷跡が小さく、美容上優れているだけでなく傷が小さいため、
痛みも少なく回復も早いという利点があります。

【腟式手術とは?】

子宮筋腫や子宮を摘出する際、お腹を切らずに腟の方から筋腫を取り出したり、
子宮を摘出する方法です。

【腹腔鏡手術とは?】

卵巣腫瘍などのとき、お腹に小さな穴を開けるだけで手術を行う方法です。
※腹腔鏡手術と腟式手術は併用して行われることもあります。

高齢者に多い子宮脱、膀胱瘤に対して、
メッシュを用いて修復を行う新しい手術にも対応します

従来の手術に比べて術後の再発率が低く、近年次第に普及してきている方法です。

【子宮脱・膀胱瘤とは?】

子宮は骨盤の一番下にある強靭な膜で下から支えられ、上からは何種類かの靱帯によって吊り下げられるように支えられています。しかし、出産時に骨盤底を損傷したり老化現象などにより、子宮を支えている組織が緩んでくると子宮が膣の方へ下がります。子宮が下がり始めてきたものを、子宮下垂、膣からでてしまったものを子宮脱といいます。子宮の前には膀胱があり、膀胱が一緒に下がってくると膀胱瘤といいます。