心臓センター

冠動脈バイパス術


心臓に血液を送る冠動脈が狭窄あるいは閉塞して起こる狭心症・心筋梗塞に対して、胸の動脈、胃の動脈、腕の動脈、足の静脈などを使って、別の通路を作る手術です。ほぼ全例、心臓を止めずに動かしたままで、バイパスをする方法を行っております。


冠動脈バイパス術

冠動脈バイパス術

▲画像クリックで動画再生

long onlay patch吻合を用いたバイパス術

冠動脈バイパス術

▲画像クリックで動画再生


弁置換術、形成術

心臓には4つの弁(大動脈弁・僧帽弁・肺動脈弁・三尖弁)があり、これらの弁には狭窄あるいは逆流を来たすと、心臓に大きな負担がかかり、息切れする等の症状が現れます。このような場合は悪い弁を修復するか、人工弁に換える必要があります。


大動脈弁置換術

弁置換術、形成術

▲画像クリックで動画再生

僧帽弁形成術

弁置換術、形成術

▲画像クリックで動画再生

ステントレス生体弁を用いた肺動脈弁置換術

弁置換術、形成術

▲画像クリックで動画再生

大動脈弁・僧帽弁置換術 三尖弁輪縫縮術

弁置換術、形成術

▲画像クリックで動画再生


胸部及び腹部大動脈瘤手術

大動脈の壁が膨らんで瘤になったり、あるいは裂けることがあります。放置して破裂した場合、突然死となるか、手術できたとしても非常に救命することは困難になります。悪い動脈を人工血管に取り換える手術です。

上行大動脈人工血管置換術

胸部及び腹部大動脈瘤手術

▲画像クリックで動画再生

大動脈基部置換術

大動脈基部置換術

▲画像クリックで動画再生

胸腹部大動脈人工血管置換術

胸腹部大動脈瘤人工血管置換術

▲画像クリックで動画再生

腹部大動脈人工血管置換術

腹部大動脈人工血管置換術

▲画像クリックで動画再生


その他心臓手術

生まれつきの異常(先天性)、感染あるいは外傷による疾患、腫瘍、血栓、不整脈、心筋症など手術で治療可能な病気もあります。

心室中隔穿孔閉鎖術

胸部及び腹部大動脈瘤手術

▲画像クリックで動画再生


末梢血管手術

歩行すると足が痛くなる、冷たい等の症状のある方はご相談下さい。動脈の狭窄・閉塞が原因である可能性があります。人工血管あるいは自分の静脈でバイパスすることで症状の改善が可能です。


合併症

心臓大血管の手術は、昔に比べれば安全に行えるようになってきておりますが、それでも100%安全ということはあり得ません。術前の病状によって危険性は様々ですが、手術によって合併症や後遺症が生じたり、場合によっては命を失う可能性があります。
合併症には以下のようなものがあります。
また当院の手術成績も公開しております。


出血

手術した心臓、血管あるいは胸壁、創部から出血を認める場合があります。出血がないことを確認して手術を終了しますが、術後に再度出血する場合もあります。その場合再手術を行う場合もあります。


心不全

心臓を停止あるいは脱転することにより、心機能が低下したり、不整脈が出現したりします。心不全の程度が重症な場合、機械的補助装置を装着する場合があります。


呼吸不全

喫煙や肺気腫・喘息などで術前から肺の機能が悪い場合や、術後に心不全や肺炎を合併した場合、自力で呼吸や排痰ができなくなることがあります。人工呼吸が長期になった場合、気管切開が必要になります。


脳梗塞

脳の血管に狭窄や閉塞があって血流が低下したり、あるいは動脈硬化の破片や血栓が脳の血管に詰まったりして脳梗塞を起こすことがあります。程度は様々ですが、意識障害、麻痺、言語・感覚障害などを生じる可能性があります。


感染

創部が細菌により化膿する場合があります。骨にまで及んだり、人工弁や人工血管に感染した場合、重篤になります。


その他

手術の負担や心機能低下によって、肝臓、腎臓、消化器の機能障害など様々な合併症が起こる可能性があります。


費用

心臓血管手術には高額な医療費がかかります。様々な公的制度により自己負担を少なくすることができます。医療ソーシャルワーカーまでお気軽にご相談ください。