心臓センター

診断・治療装置のご紹介


当センターには心臓や冠動脈を診断したり、また効果的に治療するのに大変有用な最先端画像技術を駆使した設備や装置を完備しています。


64列マルチスライスCT

技術の進歩により、最近ではCTで心臓領域の検査が可能になりました!

その臨床意義が高いことは既によく知られ多くの病気の発見・経過観察に用いられていましたが、唯一、心臓だけがその恩恵を得ることができていませんでした。
その理由は、心臓は常に活発に動いている臓器だからです。例えば止まっている車はキレイに写真を収めることができても、高速で走っている車を撮影しようとすると、写真はどうしてもブレてしまいます。これと同じことが心臓CT検査でも生じ、以前の技術では結果的に実際に診断するには役に立たない、ということになっていました。
しかし、最近のCT装置の進歩は著しく、動いている心臓の、さらに直径1mm程度の細い血管でもきれいな画像として描出することが可能となってきました。

当センターの64列ボリュームCTは、心臓全体の撮影を5心拍5秒程度で完了することの出来る世界最速の64列CTです。従来のCTに比べ、撮影時間が短く、半分以下の造影剤投与量で心臓の撮影を可能にしています。これにより、息止め(撮影時は息を止めていただきます。)が難しい高齢の患者様や、状態があまりよくない(不安定狭心症をお持ちの患者様や腎機能の悪い)患者様が受けられる負担も軽減できます。
※12cmと仮定

また心臓に栄養を送る血管(冠動脈)の治療をした人は、定期的にカテーテル検査を受けなければいけなかったのですが、現在当センターではカテーテル検査のかわりにこの64列マルチスライスCTで検査を行っています。通常の造影検査に比べ苦痛が少なく、また安心して検査を受けることが可能です。

 
当センターのCT撮影技術及び撮像データの解析
現在、当センターでは撮影したCT画像を元に循環器医が患者様の心臓の状態を読影し、診断していますが、これを可能にしているのが高画質の検査結果データを提供してくれる高い技術を持った放射線技師が当センターに在籍してくれているおかげです。つまり、当センターには腕のいい撮影カメラマンと現像屋さんがいるということなのです。

冠状動脈バイパス手術後の経過観

手術後の患者様の経過を下記の通り観察できます。心臓の裏側ももちろん診断可能です。

様々な画像表示処理方法を用い診断します

ボリュームレンダリング

造影検査画像ビュー

画像は慢性完全閉塞症例。

造影検査では見えないプラークの分布もCTでは確認することできます。(白い部分が造影剤)

拡大表示

ステントが植え込まれた部分をアップにして形状評価も可能です


拡大表示