心臓センター(循環器内科/心臓血管外科)

循環器内科


患者さんへ

循環器内科とは

循環器疾患とは、心臓、血管などの循環器の機能が何らかの原因で破綻し、正常に働かなくなる病気のことを言います。心臓病、大動脈を含む血管疾患、高血圧症などが代表的な疾患ですが、当科では主に、虚血性心疾患、大動脈を含めた全身血管疾患、心不全、不整脈、高血圧症などの診療をしています。

当科の特徴

当科では冠動脈疾患の早期診断・早期治療・予防に力を入れています

  • 胸部症状(胸痛、胸部絞扼感、胸部圧迫感など)が出現した症例
  • 心電図や心エコーで異常を指摘された症例
  • 脈波検査(ABI検査といいます)で 動脈硬化が疑われ低値(1.0以下)を指摘された症例
  • 既往に冠動脈インターベンション歴のある症例、慢性腎臓病、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症、糖尿病、家族性(難治性)脂質異常症などを併存している症例

上記のような症例では、適宜、運動または薬物負荷試験や冠動脈CTを行い、冠動脈疾患の早期診断に努めています。また、心臓リハビリテーションを積極的に導入し、再発予防に成果を上げています。

主にこんな症状の方を診察しています

  • 胸が痛い、胸が苦しい
  • 息苦しい、手足がむくむ
  • 気を失う(失神)、動悸がする
  • 足がだるくなって歩けない、手足が痛い・冷たい、色が悪い

主にこんな病気を診察しています

  • 虚血性心疾患
  • 心筋梗塞
  • 狭心症
  • 末梢動脈閉塞性疾患
  • 心不全
  • 不整脈
  • 大動脈瘤
  • 高血圧症