前立腺センター

放射線治療機器 トモセラピー


正常組織を避けて患部にのみ
放射線を照射できる、最新の治療機

放射線照射装置にヘリカルCTの原理を応用して連続的に回転させ、患者さまの乗った寝台をコンピュータ制御で移動して、放射線治療をおこないます。
回転しながら照射範囲と照射線量を変化させることによって、今までの放射線治療ではできなかった、変形した照射範囲が緻密に設定でき、正常組織のダメージを減らし腫瘍組織を正確に分離した放射線治療が可能となります。
頭部ではガンマナイフ装置と同等の治療効果がえられると共に、頚部(咽頭がんなど)・胸部(肺がんなど)や腹部(肝臓がんや前立腺がんなど)にも適用される放射線治療装置です。早期のがんでは手術療法と同様、根治が可能となる治療法です。

トモセラピー治療の様子


特長1 複数箇所〜全身を一度に連続して治療することが可能です

複数箇所〜全身を一度に連続して治療することが可能です

ガンマナイフやサイバーナイフで行っている小さながん病巣へのピンポイント照射はもちろん、複雑ながん病巣や、複数の病巣への治療が可能な全身をターゲットにした放射線治療装置です。



 

CTを利用して治療直前にがんの位置を確認します

CTを利用して治療直前にがんの位置を確認します

トモセラピー自体でCT撮影を行い、がん病巣の位置確認を簡単に行うことができます。またこれにより正確で緻密な放射線照射が可能となり、病巣線量の増加と正常組織への副作用の軽減が可能となります。



 

患者様に優しい治療です

患者様に優しい治療です

通常のリニアックを利用した放射線治療に比べ、がん病巣のみを集中的に照射することにより、治療効果が上がります。これにより、放射線の副作用が軽減できると共に、放射線治療期間が短くできます。治療回数が減少するため、患者様の肉体的負担と費用負担を減少できます。治療は通院でも可能で、一部疾患を除いて保険が適用されます。