前立腺センター

最新型ロボット手術 システム『ダヴィンチSi』

ダヴィンチで新時代の手術へ

ダヴィンチはアメリカで開発された最新鋭の内視鏡手術支援ロボットです。ロボットといっても、人のような形をしていたり、医師の代わりに手術を自動で行ったりするわけではありません。 手術を行うのはあくまで医師。医師がロボットを遠隔操作して手術を行うのです。ロボット本体と操作台、助手用のモニターなどで構成され、ロボット本体には3本のアームと1本のカメラが装着されています。術者はケーブルでつながった操作台に座り、中に 映し出される3D画像を見ながらアームを操り、患部の切除や縫合をします。


 


3つの特徴

ダヴィンチは、従来の鏡視下手術に最先端のIT技術、光学技術が加わり、より精度の高い手術を可能にしました。3次元で見える内視鏡、手の動きを微妙にコントロールする技術、人間の手と同等以上の可動域のある関節の動きなどの技術革新を盛り込んだ最新鋭の手術機器です。

特長1 鮮明な3D画像

鮮明な3D画像

3Dカメラで体内を立体的に映し出します。
最大約10倍のズーム機能により、患部を拡大視野でとらえることが可能です。




 

特長1 鮮明な3D画像

精密な操作が可能

3本のアームを術者が自由に操作することができます。
様々な形状の鉗子は人間の手と同等以上の可動域があります。




 

特長1 鮮明な3D画像

手ぶれがなく正確

手先の震えが鉗子の先に伝わらないように手ぶれを補正します。
高い集中力を必要とする細かな作業でも、正確に操作をすることができます。