外科

外来診療

通常の外来診療に加えて、乳腺外来、肛門外来の専門外来を実施しております。また、外来診療では、化学療法センターでの化学療法を月、木、金の週3日実施しております。 患者様のご希望にできるだけ添えるように、看護部、薬剤部からも御協力頂いておりフレキシブルに対応しておりますが、今後調整も考慮しております。通常の外来診療では、外傷処置、小外科処置、感染症などの診察処置の他、手術後の患者様やご紹介の患者様の予約での診療を実施しております。

 

乳腺外来

婦人科医師と連携し、週2日(火曜日と木曜日)に市民健診、個人健診希望者、2次健診(超音波検査、MRI検査、CT検査、吸引細胞診、針生検)を予約制で待ち時間をできるだけ少なくし対応できるように配慮し実施しております。週約25名の受診に対応しております。

肛門外来

隔週土曜日(月2回)に専門医による肛門疾患に対しての診療を実施し、痔核では注射(ジオン療法)による治療を実施しております。

化学療法

現在、5階にて、食道癌、胃癌、大腸癌、直腸癌、膵臓癌、乳癌、胆管癌に対して、月100名程度に対して、日帰り、ポンプによる在宅での化学療法を実施しております。

手術症例

手術治療では、これまで同様に小外科手術、虫垂炎、各種ヘルニア、胆嚢鏡視下手術、胃癌、結腸癌、直腸癌、肝腫瘍、膵腫瘍から気胸、乳癌、下肢静脈瘤、四肢切断などの一般外科領域全体をカバーし、できる限り緊急手術対応も実施しております。手術症例は年間340例程度となっております。

外科部長、副院長

坂井 昇道(さかい しょうどう)
専門分野:一般外科
資格:日本外科学会専門医・麻酔標榜医
所属学会:日本消化器外科学会、日本癌治療学会、日本乳癌学会