泌尿器科

泌尿器科のご案内

泌尿器科は後腹膜臓器(腸などをつつむ腹膜の後ろにある臓器、副腎・腎臓・尿管・膀胱・尿道)および男性生殖器(前立腺・精巣・陰茎など)の疾患にたいして手術を中心とした治療をおこなう科です。手術に際しては大阪医科大学泌尿器科教室と連携をとりながら治療をおこなっています。また特に近隣の開業医の先生方との連携を強化しており、地域の皆様に遠くの病院に通うことなく、医療を受けて頂けるよう日々努力しています。


近年では前立腺がん・膀胱がん・腎がんなどの泌尿器科系の悪性腫瘍が増加傾向にあります。特に前立腺がんの増加は顕著です。当院では早期診断・治療を目指して腫瘍マーカー(PSA)によるスクリーニングや前立腺生検を積極的におこなっています。また平成24年7月からロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術を開始しました。現在、世界的に行われているダヴィンチによる手術を北河内エリアで初めて導入し特に大きな合併症もなく安全に手術を行っています。(→詳しくはこちらへ)。その他のがんに対しても、ほとんどの症例において、患者さまに負担の少ない短期間の入院治療を目指し、腹腔鏡を用いた低侵襲手術に努めています。


社会の高齢化にともない、様々な合併症をかかえた方を手術をすることも多くなっていますが、当科では各科の専門の医師と協力して安心安全に治療ができます。常に患者さまの立場にたって考え、正確な診断、的確な説明を行い、患者さまにご納得いただいたうえでの最善かつ最良の診療を心がけています。

泌尿器科の病気でお悩みの方はいつでもなんでもご相談ください。



スタッフ紹介

泌尿器科部長

内本 晋也

資格:日本泌尿器科学会専門医、日本泌尿器科学会指導医

泌尿器科腹腔鏡技術認定医、日本プライマリ・ケア専門医、がん治療認定医


藤末 裕

資格:日本泌尿器科学会専門医・指導医、医学博士、生殖医療専攻医


泌尿器科医長

上原 博史

資格:日本泌尿器科学会専門医・指導医


手術実績

泌尿器科手術実績

 平成25年平成26年平成27年平成28年
ダヴィンチ手術
(ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術)
15 30 33 27
前立腺針生検 60 85 114 66
TUR-Bt(経尿道的膀胱腫瘍切除術) 29 58 72 70
腹腔鏡下腎・副腎摘出術 12 16 20 20
開腹腎・副腎摘出術 9 9 4 4
TUR-P(経尿道的前立腺切除術) 12 33 44 44
膀胱全摘+尿路変更 0 5 4 3
f-TUL(経尿道的尿管結石破砕術) 7 9 14 44
その他 10 32 94 27
年間症例 154 277 399 305
(件数)