ごあいさつ

所長挨拶

野崎徳洲会病院附属研究所のHomepageにようこそ!

当研究所は医療法人徳洲会として4番目の研究機関(機関番号 94416)で、2016年7月に竣工する病院と連結した6F建ての研究棟の4-6Fに位置しております。

生駒山麓の風光明媚な環境下で、臨床に役立つような新規治療法の開発をめざして発足しました。

現在臨床応用されている多くの治療(薬)は、地道な研究に基づいて開発されたものであり、特に大学院生やポスドク等若手研究者の自由な発想に基づくものも多数あります。
当研究所は民間医療機関ならではの柔軟性と即応性を生かして、先進的な研究や難治疾患に対する新規治療の開発に取り組んでいきたいと考えております。
私自身は医学部大学院修了後、日米の公的研究機関に約30年間勤務しましたが、昨今の研究環境の厳しさを数多く経験しました。
基礎医学の重要性を若手医療従事者に啓蒙すること、そして研究成果を将来社会に還元していくことが当研究所の設置目的で、その達成のために皆様の努力と知恵を結集していくことが重要と考えております。

多くの若手研究者の参加と共同研究を募ります。

野崎徳洲会病院附属研究所所長
伊藤 和幸