一般の方へ

ご挨拶

野崎徳洲会病院附属研究所は、医療法人徳洲会として4番目の文部科学省認可の研究所として、生駒山麓の風光明媚な環境の下、患者さんの治療に役立つような新しい治療法の開発をめざして発足しました。
中川秀光院長の長年の夢でもあります。

現在医療現場で使われている多くの治療(薬)は、地道な研究に基づいて開発されたものです。
私共は長年、がんの転移のメカニズムの解明と、新しい治療の開発研究を進めて参りました。
高齢化社会で増加するがんと、がん患者さんの予後を左右する転移は、まだまだ研究が遅れている分野で、今後の研究進展が切望されます。当研究所は民間医療機関の特徴を生かして、先進的な研究や治療が難しい病気に対する新しい治療の開発に取り組んでいきたいと考えております。

皆様方のご理解と暖かいご支援を何卒宜しくお願い申し上げます。

野崎徳洲会病院附属研究所所長
伊藤 和幸